このページは HOME > 公園長のブログ

公園長のブログ

公園長が、園内のいろいろな出来事、景色をブログでご紹介♪

季節の花と季節外れの花

南トイレ前にあるサザンカが咲き始めました

 alt=""title=""  alt=""title=""

ここのサザンカは淡いピンク色ですね。
ツボミもついていたので、これからどんどん花が咲きますよ。

 alt=""title=""

とても楽しみです

そういえばサザンカとツバキは似てますよね。
この二つの花にある違いを皆さんご存知ですか?

サザンカとツバキの違いは・・・・、

花の開花時期:秋から冬にかけて咲くのがサザンカ、早春に咲くのがツバキ(カンツバキなど例外があります)
花の咲き方:平開するのがサザンカ、平開せずにお椀状に咲くのがツバキ
花の散り方:花びらがバラバラと散るのがサザンカ、花ごと落ちるのがツバキ、
葉:小さめなのがサザンカ、大きめでつやがある葉がツバキ

などがあるそうです。
意外と違いがあるものですね・・・。

新しい視点で花を見る事ができますので、
これらの違いを踏まえて公園のサザンカを是非見に来てください。



また、県民広場西側にあるシダレザクラの花がポツポツと咲いていました。

 alt=""title=""  alt=""title=""

これは『不時現象』(フジゲンショウ)といって、
開花や鳥の渡り・虫の鳴き始め等が、本来の時期と大きくかけ離れた時に
発生してしまう事をいうそうです。

桜は夏頃に来年咲く為の花芽を形成し、休眠に入ります。
この時、葉で作られている「成長抑制ホルモン」により開花するのを抑えられています。
そして、葉が落ちてから冬の低温に一定期間さらされると休眠から覚め、
気温の上昇とともに生長して、開花します。

開花を抑えているホルモンを作っている葉が夏に台風や害虫等、
何かしらの要因で枯れたり、落ちてしまうとホルモンが分泌されなくなり、
夏が終わって涼しくなった時期を冬と勘違いして、
再び暖かくなると「春が来た」と花を咲かせることがあるそうです。

今回紹介した桜の他にも花が咲いているかもしれませんので、
是非探してみて下さい。

コメント

現在コメントはありません。

このページの先頭へ

プロフィール

宮崎県総合文化公園管理事務所
所長 平原和彦(ひらはらかずひこ)
㈱馬原造園建設所属。 指定管理者制度導入時より、宮崎県総合文化公園を統括管理。

プロフィール

<   2019-11   >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

アーカイブ