このページは HOME > イベント情報

イベント情報

✿『ドライフラワー教室』終了✿

昨日、『ドライフラワー教室 ~想い出を永遠に~』を参加者9名で開催しました。

 alt=""title=""

前回までガーデニング教室は北休憩所で開催していましたが、寒くなったので、
今回は定員を減らして、管理事務所で行いました。

まず、講師の黒木園芸指導員からドライフラワーの作り方について説明がありました。

 alt=""title=""

ドライフラワーは吊り下げて乾燥させるハンギング法等がありますが、
今回は①乾燥剤のシリカゲルを使用した方法と、
②電子レンジで加熱することにより短時間で仕上げる方法を
実際に作りながら説明しました。

 alt=""title=""  alt=""title=""

作り方は①・②共通で、ドライフラワー用のシリカゲルを敷いた容器にお花を入れ、
スプーンで花びらの隙間にシリカゲルを入れます。
(②の場合、容器は電子レンジに対応するものを使って下さい)
その上に、シリカゲルを流し入れたら、ふたをして密封します。

①はそのまま1ヶ月位で出来上がりますが、
②は容器を電子レンジに入れて加熱すれば、短時間(500Wで約1分半、700Wで約1分弱)で
出来上がります。
※加熱しすぎると花がこげるので、様子を見ながら加熱して下さい。

皆さん、メモを取られたりして、真剣に説明を聞かれていました。

 alt=""title=""

作り方の説明が終わったら、ドライフラワーのアレンジメントを作ります。

材料はコチラ↓
 alt=""title=""  alt=""title=""

バラとコニファーとカスミソウ、ミズゴケと丸く削ったオアシスに筆とハサミとラジオペンチ、
苔を固定させるための木綿糸とワイヤーです。

バラはドライフラワーにしていますが、コニファーとカスミソウは
自然に乾燥してドライフラワーになるので、生のまま使います。

まずは、容器づくりからです。
手で丸く形を整えたオアシスに、筆を使って糊を塗って、水苔を張り、
水苔をオアシスに固定する為、糸を放射状になるよう巻いていきます。

 alt=""title=""  alt=""title="" 

出来上がったら、花を挿していきます。

茎が短い花だと上手く挿せないので、ワイヤーを通し、
フラワーテープでワイヤーの部分を巻いて挿しやすいようにします。

 alt=""title=""

皆さん、集中して作品を作られていましたよ。

 alt=""title=""  alt=""title=""

最後に、グルーガンを使って土台の板に固定したら完成です。

完成した作品はコチラ↓
 alt=""title=""  alt=""title=""  alt=""title=""

皆さん、ボリュームのある華やかな作品を作られていましたよ。
お部屋に飾ったら、雰囲気がグッと明るくなりますね

作品完成後にドライフラワーの管理についての説明や、質疑応答の時間を設けましたが、
その際、開催日がバレンタインデーと重なったという事もあり、
サプライズとしてチョコレート菓子とコーヒーをご用意した所、
皆さん、とても喜ばれ、コーヒーを飲みながら説明を聞かれたり、質問されていました。

 alt=""title=""  alt=""title=""

教室の最後アンケート調査を行った所、
「家でもドライフラワーが出来ると思っていなかったので、作ってみたい」、
「丁寧に指導してくれて良かった」、「楽しい時間を過ごすことが出来た」などのお声を頂きました。

 
皆さんに喜んで頂けたようで良かったです

参加者の皆さん、本当にお疲れ様でした。


今年度のガーデニング教室はこれで最後になります。
この1年間、様々な方達に参加して頂きました!
参加して頂いた皆様、本当にありがとうございました!!

来年度も様々なイベントを企画していますので、楽しみにお待ちください

このページの先頭へ