このページは HOME > 公園長のブログ

公園長のブログ

公園長が、園内のいろいろな出来事、景色をブログでご紹介♪

紅葉と絨毯

園内の木々も紅葉が終わって、葉っぱが散り始めた木もありますが、
これから見頃を迎える木もまだまだありますよ。

南トイレにあるモミジは紅葉している箇所が多くなってきました。

 alt=""title=""  alt=""title=""

石の広場の東屋近くにある、アベマキも紅葉し、上から徐々に色づいています。

 alt=""title=""  alt=""title=""

そして、北トイレ南側にあるラクウショウと図書館北側にあるメタセコイアも紅葉していますよ。

ラクウショウ
 alt=""title=""

 alt=""title=""  alt=""title=""

メタセコイア
 alt=""title=""

 alt=""title=""  alt=""title=""

この2つの木は同じスギ科で見た目はそっくりですが、よく見たら違いがあります。

ラクウショウはアメリカ大陸の東南部からメキシコに分布し、
葉の付き方が互生(葉が茎の一つの節に互い違いにつくこと)です。

一方、メタセコイアは白亜紀から中新世にかけて北半球に広く分布していたそうで、
葉の付き方が対生(葉が茎の一つの節に2枚向かい合ってつくこと)です。

実際に見て違いを確かめてみて下さいね


※ちなみにメタセコイアは絶滅したものと考えられていましたが、
1945年に中国奥地で生きている個体が発見され、「生きた化石」として有名なった経緯があります。



以前紹介した、イチョウの落葉で出来た黄色い絨毯は大人気で、
連日、イチョウの木の下でお子さん達が遊ばれています。

今日は公園に遠足に来られていた保育園のお子さん達が葉っぱを舞い上げたり、
葉っぱを集めて先生にプレゼントされたりして、楽しそうに遊ばれていましたよ。

 alt=""title=""  alt=""title=""

葉っぱがどんどん落ちており、イチョウの絨毯がさらにふかふかになっています。
葉っぱはまだ、そのままにしていますので、是非遊びに来てください!

ただ、風邪をひかないよう暖かい服装でお越しくださいね。

続きを読む >>>

作成日: 2017.12.01 | カテゴリ:ひとりごと | コメント(0)

このページの先頭へ

プロフィール

宮崎県総合文化公園管理事務所
所長 平原和彦(ひらはらかずひこ)
㈱馬原造園建設所属。 指定管理者制度導入時より、宮崎県総合文化公園を統括管理。

プロフィール

<   2017-12   >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

カテゴリー

アーカイブ